ANA vs JAL

マイルを貯めようと思った時、ANAとJALどちらがいいのか迷うと思います。せっかくカードを作るなら少しでもマイルが貯まりやすい方がいいですよね。

以下ではANAとJALの違いについて紹介していきます。

飛行機に乗らずにマイルを貯める“陸マイラー”ならANA!

サービス内容に関してはJALとANAはほとんど大差がないといってもいいですが、ANAは航空機に乗らなくてもマイルを貯められる機会が多いです。

例えば、ANAは世界各国の航空会社が参加している「スターアライアンス」に参加しているので、ANAの航空機だけでなくスターアライアンス加盟航空会社の航空機を利用してもマイルを貯められます。

マイルが貯まって特典航空券に交換するときも、スターアライアンス加盟航空会社の特典航空券として利用することができます。

又、ANAカードにはEdyがついているのもポイントです。Edyで支払えば通常の買い物でのマイルに加えてさらに200円につき1マイルを貯められます。

JALにはWAONやPASMOなどの機能が搭載されていますが、Edyに比べると使い勝手はやや劣ります。

ANAはJALと比べると通常のショッピングなどでマイルが貯まりやすいので、「JALは飛行機に乗って貯める」、「ANAは飛行機に乗らなくても貯まる」といった感じです。

そのためANAの方が圧倒的に陸マイラーに人気があります。そんなに飛行機に乗る機会はないというのであればANAカードの方をおすすめします。


又、路線に関しては、JALはANAに比べると国際線が充実しています。逆にANAは国内線の方が充実しています。路線ネットワークもANAの方が多いです。

ですから海外旅行によく行く人ならJALカード、国内旅行の方が多いならANAカードがおすすめです。

「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」と「ExtremeCard」を組み合わせると、還元率1.35%でお得にマイルをゲットできるのです。

具体的な方法としては、Extreme CardでGポイントが1.5%還元されるので、それをメトロポイントへ移行。
ソラチカカードの保有者は、メトロポイント100ポイントを90マイルのレートでANAマイルに移行できるので、それを利用するというものです。

一枚でショッピング、ANAマイル、メトロポイントの3つのポイントを貯められるカード。初年度年会費無料!
入会時・継続・搭乗時にはボーナスマイルをプレゼント。東京メトロPASMOでの乗車や、To Me CARDの提携先、PASMOオートチャージでメトロポイントが貯まります。貯めたANAマイルとメトロポイントは相互交換が可能!


貯めたポイントをGポイントと交換すると還元率は1.5%にもなる高還元率なカード。初年度年会費無料で、次年度以降も条件を満たせば年会費無料に!
全国の宇佐美サービスステーションでガソリン2円/L引きの特典も付帯しています。


ANA vs JAL 年会費や手数料で比較

以下の表で比較してみると、年会費や手数料に関してはANAとJALどちらもほとんど変わらないことがわかります。

JAL
年会費 マイル移行手数料 1,000円利用して貯まるマイル
JAL(VISA) 2,000円(税別) 2,000円(税別) 10マイル〜
JAL(JCB) 2,000円(税別) 2,000円(税別) 10マイル〜
JAL(Master) 2,000円(税別) 2,000円(税別) 10マイル〜
JAL(AMEX) 6,000円(税別) 2,000円(税別) 10マイル〜
ANA
年会費 マイル移行手数料 1,000円利用して貯まるマイル
ANAJCBカード 2,000円(税別) 2,000円(税別) 10マイル〜
ANA VISA Suicaカード 2,000円(税別) 6,000円(税別) 10マイル
ANA VISA 2,000円(税別) 6,000円(税別) 10マイル
ANAアメリカン・エキスプレス・カード 7,000円(税別) 6,000円(税別) 10マイル